ままはだ~素肌にやさしく、ありのままで~

自分のため、そして誰かのため。毎日を一生懸命に
過ごすママやプレママ、働く女性たちを応援します。


2016.9.16

ビーチコーミング!親子で夢中になる浜辺の宝探しをしてみよう!

みなさんは「ビーチコーミング」という言葉をご存知ですか? ビーチコーミングとは、浜辺に流れ着いた漂流物を収集して観察する遊びのこと。髪を櫛(コーム:comb)でとくように、浜辺を手でときながら漂流物を探し集めることから、その名前がつけられました。

A09_02_a_20160916.jpg

そこで今回は、ママも子どもも時間を忘れて夢中になる、浜辺の宝探しともいわれているビーチコーミングについてお話ししたいと思います。

親子で探してみよう! 浜辺の宝物

A09_02_b_20160916.jpg

浜辺では、きれいな貝殻や海の生き物、化石や土器、流木や海外から流れ着いた瓶や缶など、さまざまな漂流物を収集することができます。漂流物を見つけながら、ここまで流れ着いた背景や、もとはどんな姿だったのかを想像することはとても楽しいもの。親子で漂流物の生体を観察して名前を覚えたり、生息地を調べたりできるよう、生物図鑑を持って出かけることをおすすめします。

A09_02_c_20160916.jpg

また、長い年月をかけて波によって角が削られ、なめらかに整えられたガラスの破片「シーグラス」は、ぜひ探してほしい漂流物のひとつ。とてもカラフルで、宝石のような美しさに、コレクションをしている愛好家も多いそうです。

しかしながら、ビーチコーミングでは必ずお目当ての漂流物が見つかるとは限りません。訪れた海によって漂流しているものが異なりますし、何が見つかるかはその日次第ということも。このように、毎回新たな発見があるところが、ビーチコーミングの醍醐味ともいえるでしょう。

ビーチコーミングでの戦利品は、世界で一つのお手軽アートに早変わり

A09_02_d_20160916.jpg

持ち帰った貝やシーグラスなどをお気に入りの瓶やお皿、ボックスに入れて飾るのも素敵ですが、ここはぜひ、世界で一つのオリジナルアートを親子で作ってみませんか?

■貝殻をちりばめたフォトスタンド
お手持ちのフォトスタンドの周りに、様々な貝殻を貼り付けてフォトソタンドに。ビーチコーミングで撮影した思い出の一枚と一緒に飾ってみましょう。

■キラキラ輝くサンキャッチャー
きれいな色のシーグラスをワイヤーや紐などでつないで窓際に吊るせば、おしゃれなサンキャッチャーに。キラキラとした美しい輝きは、まるで海面のきらめきを思い出させます。

■やさしい光を放つランプ

プレーンなライトも、桜貝やシーグラスを貼り付けることでやさしい光に。たくさんのシーグラスを集めることができたら、シーグラスを煉瓦のように積み重ねてランプシェードを作り、その中に電球やロウソクを入れて灯すのも素敵です。

ビーチコーミングをする上で、心得ておきたいこと

A09_02_e_20160916.jpg

浜辺には、鋭利なガラスなどが落ちていることもあります。素足で浜辺を歩くことは避け、履き慣れた靴で楽しみましょう。中には危険なものが漂流している可能性もありますので、ママが事前にチェックするなどの策をとっておくと安心です。

ビーチコーミングに特別な準備は必要ありませんが、日やけ止めや帽子、長袖など、紫外線対策グッズを持ってお出かけになることをおすすめします。真夏を過ぎたとはいえ、海面や浜辺は紫外線が反射しやすい場所。ママも子どもも、夢中になればなるほど時間を忘れてしまいますので、日やけ対策はお忘れなく!

いつも何気なく歩いている浜辺も、足元をよく観察してみると、意外な宝物に遭遇するかもしれません。海水浴客がいなくなった静かな浜辺で、波音に耳を傾け、海からの風に心地よさを感じながら、「今日はどんなものに出合えるかな?」とワクワクしながら、親子でぜひ楽しんでみてくださいね!

【ピックアップアイテム】

SPF50+・ロングUVA対応の大人気BBクリーム<SPF50/PA++++>

>UVイデア XL プロテクションBB

うるおいつづく乳液タイプの日やけ止め・化粧下地<SPF50/PA++++>

>【敏感肌用】UVイデア XL

デリケートな子どもの肌用の日やけ止めスプレー<SPF50/PA++++>

>アンテリオス キッズ ミルク

おすすめ記事