ままはだ~素肌にやさしく、ありのままで~

自分のため、そして誰かのため。毎日を一生懸命に
過ごすママやプレママ、働く女性たちを応援します。


2016.8.29

親子でキャンプ!初心者ママでも安心のグランピングを紹介!

雄大な自然の中のアウトドアも楽しみながら、冷暖房完備の快適なロッジやテントでキャンプ体験ができる「グランピング」。小林さんも江口さんも、キャンプ入門編としておすすめしていました。そこで今回は、グランピングの人気の秘密や、おすすめスポットを教えてもらいました。

手ぶらで気軽に体験できるグランピングは、まさにキャンプのいいとこどり!

A08_03_b_20160829.jpg

江口さん「子どもたちが楽しんでくれるか、テントを上手に立てることができるか、夜眠ることができるか、天気が悪くなってきたらどうしたらいいのか。初めてキャンプを体験するときは、誰でも不安になりますよね。その点、グランピングは豪華な設備の中、手ぶらでキャンプ体験ができて、面倒なことが一切ないので、キャンプ入門編としておすすめしたいですね」

小林さん「グランピングって、キャンプの"いいとこどり"なんですよ。せっかくキャンプ道具を買い揃えたとしても、うまく使いこなせなかったばっかりにキャンプが楽しめず、結果的にキャンプから遠ざかってしまう、そんなビギナーの方をこれまでに何人も見てきました。それに比べてグランピングは女性や子どもたちにもとにかく楽しさだけが強く印象に残る体験になるはずです。まずはグランピングから試してみるといいと思います」

キャンプの達人が太鼓判を押す、グランピングおすすめスポット

■大自然を満喫する日本初のグランピングリゾート
星のや富士(山梨県)

A08_03_b_20160829.jpg
A08_03_c_20160829.jpg

河口湖を望む高台に位置する6haの広大な森の中に、クラウドテラスやキャビンなどの心地よいリゾート空間をデザインした、日本初のグランピングリゾート「星のや富士」。グランピングマスターがもてなす本格的なアウトドア体験や、シェフが演出するアウトドア料理、快適にステイできる客室など、大自然を感じながら贅沢なグランピングを楽しめます。江口さんも「一度は行ってみたいあこがれの場所」だそうです。

星のや富士
山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
星のや総合予約:0570-073-066

http://hoshinoya.com

■新しいアウトドアスタイル
PICA GRANDE CAMP(山梨県)

>A08_03_d_20160829.jpg
A08_03_e_20160829.jpg

標高1000mの高地に、テントの他、コテージ、トレーラーなど様々な形の宿泊施設を揃えた、PICAグループのグランデキャンプは、雰囲気の良さはもちろん、居心地の良さにも定評が。大自然の中でゆったりのんびりするため、必要な道具はすべて現地におまかせして、「楽しむ」ココロだけを準備して出かけましょう。中でもPICA富士吉田では、子どもたちが思う存分楽しめるPLAY PARKも常設。バケツやロープやスコップなど...どう遊ぶかは自由!実際に利用したことがあるという小林さんも、「わりとキャンプに近いグランピングが体験できると思います」とのことでした。

PICA富士吉田

山梨県富士吉田市上吉田4959-4
PICA予約センター:0555-30-4580

http://www.pica-resort.jp/fujiyoshida

失敗を恐れず、親がどんどん楽しむこと。その姿が子どもの心を動かすのだから

―これからグランピングやキャンプを体験しようと思っていらっしゃる方々に、アドバイスをお願いします。

小林さん「失敗を恐れず、まずは親が楽しむことが何より重要だと思います。親が夢中になって遊んだり楽しんでいたりする姿を見て、子どもも『楽しい!』と感じてくれるはずです」

江口さん「本当にそうですね。家族全員が『楽しい!』と思えないと、続けられませんからね」

小林さん「そして最後に付け加えるなら...紫外線対策はマストですね! 楽しくなってくると、大人もつい夢中になってしまう。それで私も痛い目に遭いました(笑)」

江口さん「日やけ止めはこまめに塗りなおすことが重要だと思います。特に子どもは汗をたくさんかきますから、定期的に塗ってあげることをおすすめします。今の時季は熱中症対策にも注意してあげたいですね」

一年の中で最も冒険心がかきたてられる夏は、親子でアウトドアレジャーに挑戦するにふさわしい季節。まずは気軽に楽しめるグランピングで、キャンプの魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

>>「親子でキャンプ」の魅力に迫る前編もチェック!

【取材協力】

小林 孝延さん

月刊『Outdoor』編集長を経てナンバーワン生活情報誌『ESSE』編集長。現在はエンターテイメントから料理、アウトドアまで幅広いジャンルの書籍、ムックなどプロデュース。オートキャンプからフィッシングまで初心者でも楽しめるアウトドアを広めることがライフワーク。

江口 恵子さん

インテリア&フードスタイリスト。雑誌、広告、Web等でインテリアから料理まで、暮らしまわりのスタイリングと提案を行う。カフェオーナーや料理講師としての顔も持ち、幅広く活躍中。

【ピックアップアイテム】

デリケートな子どもの肌用の日やけ止め<SPF50+、PA++++>

>アンテリオス キッズ ミルク

サラッと軽い乳液タイプのアウトドア用の日やけ止め<SPF50+、PA++++>

>アンテリオス XL フリュイド

おすすめ記事